ある日、月夜が綺麗だったから、心のままに生きようと全てをやめてみた。

大卒でNTT入社。39歳まで出世に邁進するも本当にやりたいことにチャレンジしないままでいいのか?という思いが抑えきれずノープランで退社。起業するもかつての野心は失せ、毎日、海を見て過ごす日々が続く。貯金が凄い勢いで減り続けるのに、収入を上げることに関心が持てなくなり、自分が何者なのか?どうしていいのかが心底わからなくなり絶望したその瞬間、至福のエネルギーに包まれ、私たちは大いなる存在に守られているんだという実体験を経て今に至る。

ある日、月夜が綺麗だったから、心のままに生きようと全てをやめてみた。 イメージ画像

ビジネスの話

「ビジネス≒稼ぎ≒お金で安息を得よう」とする気持ちは誰にだってあるし、ごくごく自然なこと。お金=生きられる=命をつなぐ、だから。でも、ビジネスは変化し上下し続けるものだから、常に不安がセットになる。だから、ビジネス(の成功)で安息を得ようとすると、一瞬ホ

ビジネスで稼いでいる人に、すごく幸せそうな人とすごく不幸そうな人がいる。というのはビジネスあるある。ビジネスは、ミッションやビジョン、アクションなど、自分の思いや欲求、行動を増幅させていく行為なので、成功すればするほど、その人が奥底で持っているものが表出

↑このページのトップヘ